中日ドラゴンズを長年、実況してきた名物アナウンサー2人がプライドをかけて“対決”した。プロ野球のファン同士で、球場で観戦した「すごい試合」を繰り出し、どれほどディープなファンなのかを競う「観戦じゃんけん」。夜のクラブで働く女性が、お客さんからもらった名刺の肩書の偉さや企業の知名度を競う「名刺じゃんけん」からヒントを得て、筋金入りの中日ドラゴンズファンで朝日新聞の中島鉄郎記者が、コラムで提唱したものだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます