10日午後6時半ごろ、愛知県岡崎市戸崎町の神社の雑木林に「頭蓋骨(ずがいこつ)のようなものがあった」と、親子でカブトムシを捕りにきた市内の男性が110番通報した。岡崎署員が駆けつけると、白骨化した頭蓋骨と黒っぽいジャージーの上下が見つかり、さらに1時間後、約7メートル離れたところで別の白骨化した頭蓋骨と衣服の一部を見つけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます