米トランプ政権が過去最高位の閣僚による台湾訪問と強調して送り出したアザール厚生長官が10日、蔡英文(ツァイインウェン)総統と会談した。新型コロナウイルス対策などでの協力強化で合意したが、中国牽制(けんせい)の狙いは明らか。台湾側は歓迎しつつも、米大統領選の行方もあって手放しとはいかないのが実情だ…

無断転載・複製を禁じます