ソフトバンクグループ(SBG)が11日発表した2020年4~6月期決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比11・9%増の1兆2557億円だった。保有する米携帯電話大手の株式売却による約4200億円の利益に加え、株式市況の回復を受けた投資事業の復調で、四半期ベースで過去最高となった。20年3月期に純損益が9615億円の赤字に転落したが、急回復を見せた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます