立憲民主党との合流協議をめぐり、国民民主党の玉木雄一郎代表が11日の記者会見で、両党合流に参加する議員の党と、参加しない議員の党に分党する方針を表明した。自らは合流に参加せず、「改革中道」をめざす独自路線を歩む方針。背景には、消費減税を訴えるれいわ新選組、憲法改正を掲げる日本維新の会の伸長への危機感があった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます