11月の米大統領選に向け、カマラ・ハリス上院議員(55)が民主党の副大統領候補になることが決まった。父がジャマイカ、母がインド出身のハリス氏は、民主党が掲げる「多様性」を象徴する政治家の1人だ。今回はバイデン前副大統領(77)を補う立場だが、将来の大統領選の有力候補にもなりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます