広島への原爆投下後に降った「黒い雨」を浴びたと訴えた住民ら84人全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳の交付を命じた広島地裁判決について、国と広島県、広島市は12日、控訴した。国は援護対象となる区域の拡大を視野に、再度の検証を始めると表明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます