JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期区域」内にある墓地跡で、1500体以上の人骨が見つかった。大阪市教育委員会と一般財団法人大阪市文化財協会が13日、発表した。江戸後期から明治初期に亡くなった庶民の骨とみられるという。市教委などは人骨の科学的分析を行い、商人の街・大坂を支えた人々の暮らしの解明を進める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます