千葉県君津市の小糸公民館に美しい壁画がある。少女の吹くシャボン玉が輝く中、飛ぶように少年がブランコをこぎ、母子が憩う。完成から約半世紀。地域に溶け込んだ平和な構図に秘められた子供たちの戦禍を知る人は少ない。太平洋戦争末期、君津地域には東京から大勢の学童が疎開した。絵の作者は引率教師。戦後75年、関係者は壁画とともに地元の戦争を語り継ぐ思いを強くしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます