北海道の土屋俊亮副知事は14日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場をめぐり、国の候補地選定プロセスへの応募を検討する考えを示した寿都(すっつ)町の片岡春雄町長に対して、応募をしないように申し入れた。だが片岡町長はあくまで考えに変わりがないことを伝えたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます