長崎の盆の風物詩「精霊(しょうろう)流し」が15日、長崎県内各地で行われた。初盆を迎えた故人を極楽浄土へ送り出す伝統行事で、長崎市中心部では大勢が手作りの船を曳(ひ)き、鉦(かね)を打ち鳴らしながら練り歩き、街中に爆竹の音が響き渡った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます