第78期将棋名人戦七番勝負が15日に第6局で決着し、タイトル獲得25期の実績を誇る挑戦者の渡辺明二冠(36)が初めて名人の座を奪った。プロ入りから20年での悲願達成で、八つあるタイトルのうち三つを占め、名実共に第一人者となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます