国民民主党の前原誠司元外相が、国民と立憲民主党との合流新党に参加しない考えを表明した。玉木雄一郎代表は合流新党に参加する議員と国民に残る議員でつくる党に「分党」する方針を示しており、残留側を選ぶ方針。立憲が積極的に進めてきた共産党との選挙協力に自身が否定的なことを、判断の理由に挙げた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます