夏の甲子園で選手の足元が変わった。17日に閉幕した2020年甲子園高校野球交流試合に出場した32校のうち、14校が白色のスパイクを履いた。これまでは規定で黒色に限られていたが、暑さを軽減する効果があるとされ、採り入れるチームが増えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます