新型コロナウイルスの影響で、好調だったオフィス市場が変調している。オフィス仲介大手の三鬼商事がまとめた7月の都心のオフィスの平均空室率は2・77%で、21カ月ぶりに2%を超えた。前月からの上げ幅は0・8ポイントと、月ごとの空室率の発表を始めた2002年1月以降で最大、リーマン・ショック後の水準(0…

無断転載・複製を禁じます