11月の米大統領選に向けて、バイデン前副大統領が民主党候補に指名された。外交安保政策ではトランプ大統領の単独行動主義を批判し、就任すればオバマ前政権のような国際協調路線を取りそうだ。一方、経済政策では米国内の産業保護にも力を入れており、自由貿易重視の路線に復帰するとは限らない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます