米民主党全国大会は最終日の20日、バイデン前副大統領(77)が大統領候補としての指名受諾演説を行った。バイデン氏は「現在の大統領はあまりにも長く米国を暗闇で覆い、多くの怒りと恐怖と分断を生み出した」とトランプ米大統領(74)を非難し、「光は闇より強い。後世、米国の闇の終わりが今夜ここから始まったと言えることを願う」と訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます