将棋の藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が21日午前、福岡市内のホテルで記者会見し、19、20の両日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指された第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)第4局について振り返るなどした。謙虚に喜びを表現し、おごることなく、ひたむきに上を目指す姿勢は、史上最年少の18歳1カ月での二つ目のタイトル獲得と、八段昇段を成し遂げた翌朝も、変わらなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます