京都国立博物館が所蔵する大分県出土の銅剣や銅矛の里帰り展「青銅の燦(きら)めき」が、宇佐市高森の県立歴史博物館で開かれている。金色に輝く当時の銅剣を再現した複製品(レプリカ)や同じ成分のお金を並べるなど、青銅器の魅力をわかりやすく伝えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます