ロッテにドラフト1位で入団した最速163キロ右腕の佐々木朗希(岩手・大船渡高)は、実戦に登板することなくキャッチボールでの調整が続いている。23日、吉井投手コーチが代表取材に応じ、佐々木朗の現状を「中身が彼の場合できていない」と明かした。近いうちにブルペンに入ることはない考えを、改めて示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます