原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場をめぐり、国の候補地選定プロセスへの応募を検討している北海道寿都町に隣接する3町村長が24日、寿都町役場を訪れ、片岡春雄町長に対し、応募を「再考」するよう申入書を手渡した。一方、道内の学識経験者らでつくる団体も会見を開き、応募の中止を求めた。佐久間泰雄、伊沢健司、斎藤徹…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます