茂木敏充外相は22~24日、カンボジア、ラオス、ミャンマーを歴訪し、各国の外相と会談した。新型コロナウイルスの流入を防ぐ水際対策をめぐっては、3カ国との間で技能実習生や駐在員ら長期滞在者の往来を9月上旬にも再開することで合意。日本政府が学費などを支援する国費留学生についても早期入国を認める方針を伝えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます