コロナ禍で、果たして演劇の公演が出来るのか――。悩み、苦しむ劇団員たちの姿を見て、北九州市八幡東区の小劇場「枝光本町商店街アイアンシアター」が、マスクのような紗幕(しゃまく)で覆った舞台を常設する新しい公演の形を提案した。劇場の貸出料を割安にし、キャンセル料は無料にする。劇団や観客と手を携え、演劇の灯をともし続けたいとの思いからだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます