ワクチン普及に取り組む国際機関「Gaviワクチンアライアンス」(本部・ジュネーブ)のセス・バークレー事務局長が朝日新聞のオンライン取材に応じた。新型コロナウイルスのワクチンを国際的に共同購入するGavi主導の枠組みについて「これが成功しなければ少数の国がワクチンを独占し、他の国は全く手に入らない事態が起こりうる」と話し、日本の参加への関心を歓迎した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます