安倍晋三首相が28日、辞任を表明したことを受け、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長はこの日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと緊急電話会談を行い、引き続き連携して準備を進めることを確認した。会談はバッハ会長の求めだったといい、組織委幹部は「IOCも不安だったのだろう」と言う。森会長は安倍氏の「後見人」を自認しており、「ずっと二人三脚でやってきた。一緒にゴールを切れずに残念」と肩を落とした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます