昭和基地に近く南極で最大級の流速がある白瀬氷河は、下に暖かい海水が流れ込むことで融解が進んでいることが明らかになった。北海道大と国立極地研究所、海洋研究開発機構(JAMSTEC)、英国南極観測局の研究チームが、8月24日付英国科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」オンライン版で発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます