自民党の多くの派閥が菅義偉官房長官の支援に回る構図で総裁選が始まった。過去の総裁選びの歴史を振り返っても、本命候補に多くの議員がなびく「無風型」の展開は多々あった。一方で、派閥の領袖(りょうしゅう)が「激突」したり、思わぬ「波乱」が起きたりしたケースもある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます