19世紀末、X線や放射線が発見されて間もない頃、かの著名な科学者マリー・キュリーでさえ、目に見えない放射能というものの存在を幽霊かもしれないと考えたという。そうしてノーベル賞を受賞するような科学者たちが、こぞって大真面目に降霊会に参加した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます