九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備を巡る協議が難航を続けている。フル規格で進めたい国土交通省と、反発する佐賀県の溝が埋まらず、着地点が見いだせないからだ。このため、9月末が期限となっている来年度予算の概算要求に環境影響評価(アセスメント)の費用は盛り込まれない見通しだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます