「21世紀のビートルズ」と称される韓国出身の7人組人気アイドルグループ「BTS」が、今夏、快挙を成し遂げました。8月21日に発売した新曲「Dynamite(ダイナマイト)」が、韓国人アーティストとして初めて米ビルボード・シングルチャートの1位に輝いたのです。アジア出身歌手でみても、ビルボード・シングルチャートで1位を獲得したのは坂本九さんの「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」以来、57年ぶり。BTSが偉業を達成した理由を、専門家に分析してもらいました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます