ダム湖の水位変化で見え隠れするため「幻の橋」と呼ばれる北海道上士幌町の旧国鉄士幌線「タウシュベツ川橋梁(きょうりょう)」で、今年に入って新たに2カ所で大きな崩落が確認された。「11連のアーチが見られる姿も今年が最後」とささやかれて久しいが、特に最近、目に見えて進む劣化に、関係者たちは心配しながらも、「崩落を止めることはできない」と静かに見守っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます