沖縄タイムス社(那覇市)は13日、記者会見を開き、同社の40代男性社員=総務局付課長=が新型コロナウイルスに関する持続化給付金などを虚偽申請し、計180万円を不正に受給・借り受けしたと発表した。武富和彦社長は「人や社会を欺くあるまじき反社会的行為で、決して許されるものではない」と述べ、謝罪した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます