中国企業バイトダンス傘下の人気アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業買収をめぐり、米オラクルの提案が選ばれたことが14日、明らかになった。有力とみられていた米マイクロソフト(MS)は選ばれなかった。案件の成立には米当局に加え、中国当局の承認も必要になるとみられており、具体的な合意内容が焦点になりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます