ラグビーの「聖地」が全天候型の屋根付きに――。1年延期となった東京五輪・パラリンピック後の建て替えが決まっている秩父宮ラグビー場(東京都港区)について、主管する日本スポーツ振興センター(JSC)などは、多目的に使用できる全天候対応の屋根付きアリーナ型で新設する方針を固めた。14日に文部科学省で行われたラグビー振興に関する会議で日本ラグビー協会が要請し、承認された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます