「あんたは前の世界で、間久部少佐を見事に殺し、今の世界でも、ここまで逃げ続けた。わしならとっくに捕まっておる。そんな自分をなぜ弱いと思うんじゃ?」「わからないの? あたしは博士や正人くんに言われた通りしただけなの。あたしは鳥カゴの鳥。バカな女よ。鳥就在籠子里等着●(喂)食吧(ニォージュラロンズリデンライュザヴァ)(鳥は鳥カゴで餌を待て)、よ」と叫ぶ麗奈の前で、猿田博士が倒れ、七転八倒し始める。「その首をよこせぇ! わしに絶対に渡すな。きっと悪用する……。いや、わしに首をよこせぇぇぇ! 逃げろぉぉ!」と獣のような声を上げ、「れ、麗奈さんよっ……」と胸を搔(か)き毟(むし)り、…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます