加藤勝信厚生労働相は15日、新型コロナウイルス感染症の予防ワクチンの確保に向けた国際的な共同購入の仕組みに参加すると発表した。前払い金として172億円を拠出し、開発に成功した場合に人口の2割、約2500万人分のワクチンを購入する権利が得られるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます