九州南部から関西に移り住んだ水俣病未認定患者らが22年にわたって闘った水俣病関西訴訟。2004年の勝訴確定後、大阪電気通信大(寝屋川市)に残されていた膨大な資料が熊本大文書館で永続的に保管されることになった。15日、調印式があった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます