世界中で愛される大ヒットミュージカル「レ・ミゼラブル」。1987年の日本初演でエポニーヌ役を射止めた、当時23歳の島田歌穂さんは海外の舞台を見るすべもなく、3千人参加のオーディションに「曲をレコードで聴いただけ」で挑んだという。11歳で子役デビューし昨年で45周年。元タカラジェンヌの母と音楽家の父の遺品の指輪を支えに、自分の可能性に挑み続けた半生を語ってくれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます