ヨークに住んで最初に親しくなったのが、同じタウンハウスに同居している20歳の青年、アンドリュー・ジャクソンだ。地元の大学に通っているが、自分で生活費や学費を稼がないといけないため、毎日スーパーマーケットで働いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます