ポーランド南部にあるアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所跡に、ただ一人の日本人ガイドがいる。中谷剛さん(54)。戦争を知らない世代の、それも日本人が、ナチスドイツによるホロコーストの歴史を伝える――。20年以上続けるうちに、中谷さんが考えるに至った「部外者の役割」とは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます