このところ新世代の活躍がめざましい文化人類学界きってのホープが、この人だ。小川さやかさん(42)。大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞して話題の「チョンキンマンションのボスは知っている」は、香港のタンザニア商人たちのネットワークに密着した。徹底したフィールドワーク(現地調査)を通じて、人間社会の混沌(こんとん)の探究に挑み続けている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます