菅義偉首相が目玉政策として掲げる「デジタル庁」について、ツイッターでつぶやかれたある“私案”が話題になった。民間人材の積極的な登用、失敗を恐れない組織文化など八つの策を考案したのはヤフーの親会社、Zホールディングス(HD)の川辺健太郎社長(45)。行政のデジタル化に貢献してこなかったじくじたる思いを語り、新政権へ注文をつけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます