兵庫県サッカー協会の元事務局長の男性が在日コリアンの関係者に差別的な言動をし、県協会も処分を科さなかった問題で、日本サッカー協会(JFA、東京都文京区)が、一連の事態を把握し、静観していたことがわかった。JFAは18日、オンライン会見を開いた。須原清貴・専務理事が問題を認識していたと明かし、「適切に対応してもらえるようにコミュニケーションを取ってきた。積極的に動くというのは現時点で想定していない」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます