米連邦最高裁判所は18日、最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグさんが膵臓(すいぞう)がんで死去したと発表した。87歳だった。弁護士として性差別撤廃訴訟を数多く手がけ、最高裁判事としてもリベラル派を代表する存在だった。米国ではアイドルのような人気を誇り、頭文字から「RBG」と親しまれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます