J1がリーグ戦の折り返しにさしかかっている。新型コロナウイルスの影響で日程にばらつきはあるものの、半数の9クラブが全34節のうち17試合以上を消化した。前半戦をデータで振り返ると、「走らない」チームが首位争いを繰り広げている。志向してきた戦術が、異例のシーズンにうまくはまっているようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます