家庭用磁気商品のオーナー(販売預託)商法で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)による詐欺事件で、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)が、経営破綻(はたん)する直前まで月に300万~350万円の役員報酬を受け取っていたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。同社は高額商品の販売を破綻直前まで続けており、警視庁などは自身らの報酬にあてる狙いがあったとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます