ポンペオ米国務長官は19日、イラン核合意で解除された国連安全保障理事会の対イラン制裁が「復活した」と宣言する声明を出した。ただ、安保理の15理事国のほとんどは「イラン制裁を離脱した米国の手続きに正当性はなく、無効」という見解を示しており、米国の孤立が際立っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます