辺野古の埋め立て工事のために採取する海砂は、4年間で東京ドーム3個分――。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐって政府が県に提出した資料から、そんな計画が明らかになった。海砂の大量採取は生態系に影響を与えるとして禁止する自治体もあり、観光資源である沖縄の海への悪影響が心配されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます