中国の習近平(シーチンピン)国家主席は22日の国連総会の一般討論でビデオ演説を行い、地球温暖化の原因になっている温室効果ガスの排出量について「2060年までに排出実質ゼロを実現できるように努力する」と語った。21世紀後半までに世界全体での実質ゼロを目指す「パリ協定」に絡み、中国が具体的な長期目標を示すのは初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます