短歌の世界で「聖地」と呼ばれる場所が、名古屋にある。そこは、半世紀近く続く、町の中華料理屋さん「平和園」。2代目店主の小坂井大輔さん(40)は、初の歌集「平和園に帰ろうよ」の重版が今年決まった。町中華の店主が、なぜ歌人に? そしてなぜ、そこが「聖地」になったのか。店を訪ねた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます